供養のお話

  1. >

供養について

ご先祖を供養することは、我がいのちのルーツに感謝することです。
先祖様を敬い、墓地や納骨堂にご遺骨を納め、そしてお仏壇にお位牌をお祀りし、心を込めてご供養いたしましょう。

初めての方へ

先々のためお墓や納骨堂をお元気な間に用意されたい方、また突然のご不幸でお墓や納骨堂をお考えの方は、ご相談ください。

香正寺では、お通夜や葬儀なども行えます。
祭壇もございますので特別なしつらえも必要ではなく、荘厳なお葬式をとり行えます。少人数の家族葬から椅子席で300 名までの対応も受け付けています。
遠方にお墓や菩提寺がおありの方もお経のみお受けすることもできます。
お盆やお彼岸、ご命日などにお参りできない方は、お経を香正寺にご相談ください。お盆のお経は、6月上旬から7月末日までにお電話でお申込みください。

都心の寺へのお引越し

  • ・先祖のお墓が遠隔地で、なかなか思うようにお墓参りができない
  • ・仕事や日常の雑事に追われて長い間、お墓参りをしていない
  • ・法事の際に親戚が集まるのがたいへん

このような方はいらっしゃいませんか。天神 福岡三越から徒歩8分の都心にある香正寺は、お墓参りやご親族が集う際、立ち寄りやすいところです。
お墓や納骨堂の移転、また他所で授かったお戒名などについてもご相談承ります。
いろいろなケースがございますので、
まずは香正寺にご相談ください。


【電話】092-741-3951(9時~21時)



過去の宗旨・宗派を問いません

香正寺は、過去の宗旨・宗派を問わず、
どなたでもお迎えいたします。
檀家以外の方も加入でできます。
今後は日蓮宗のお経で供養いたします。


永代供養

承継者にかわりお寺が永遠に供養いたします

  • ・シングルの方
  • ・決まった菩提寺をお持ちでない方や身寄りのない方
  • ・墓地の継承者や縁者がいなくなってしまう方
  • ・郷里や墓地が遠方でなかなか墓参に行けない方
  • ・後継者の宗教、宗派が違う等の理由で後々の御供養に不安を感じている方

承継者にかわり、永代にわたって寺が供養・管理する 『永代供養室』がございます。永代供養室は、承継者が いなくても、生前に契約ができます。


いろいろな供養

水子供養もお受けいたします。

忌日法要(きびほうよう)

故人が亡くなったあとに行う大切な法要

故人を偲び、冥福を祈るために、お寺の住職にお経をあげてもらうことを「法要」と言います。冥福とは、冥途の幸福のことで、故人が心安らかに過ごしていただけるように、この世に残された者が供養をします。仏教では法要を行う日が決まっていて、没後七日ごとに四十九日まで行うのが、忌日法要(きびほうよう)です。

●初七日 命日も含めて7日目
●二七日 命日も含めて14日目
●三七日 命日も含めて21日目
●四七日 命日も含めて28日目
●五七日(=三十五日) 命日も含めて35日目
●六七日 命日も含めて42日目
●七七日(=四十九日) 命日も含めて49日目
●百カ日 命日も含めて100日目

忌日法要(きびほうよう)

年忌ごとに行う供養の法事(ほうじ)

年忌法要は、故人がさらなる精進の道へと導くために営みます。一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌とつづき、五十回忌で長い修行の締めくくりとして、故人は菩薩(ぼさつ)の道に入りご先祖さまとなります。一般には、五十回忌をもって「弔い上げ」とし、法事の締めくくりとしています。

●一周忌 命日から満1年目
●三周忌 命日から満2年目
●七周忌 命日から満6年目
●十三周忌 命日から満12年目
●十七周忌 命日から満16年目
●二十三周忌 命日から満22年目
●二十七周忌 命日から満26年目
●三十三周忌 命日から満32年目
●五十周忌 命日から満49年目

ペット供養

一緒に暮らした動物も家族の一員です。亡くなったときの心の落胆は言葉に言い表せないでしょう。その御霊を手厚く葬り、冥福を祈ってあげましょう。感謝の心を奉げ、御供養していく中で、お気持ちもだんだん落ち着いてこられるはずです。







香正寺のペット専用サイトです。

ペットサイト

ページのトップへ